気分の波を責めないで

迷走しながら生きる専業主婦の日記

愚痴っぽくなりますが、書くことで少し落ち着いています。

先日のブログでは、ご心配をおかけしました。
スターやコメントをいただき、ありがとうございます。嬉しかったです。


今日、妹と電話で話しました。
誕生日と正月にメールのやり取りはしますが、電話は実に5年ぶりでした。
母に電話した時にかわってくれたのですが、妹の体調不良の原因について、初めて本人から詳しいことを教えてくれました。


妹が具合悪いのは母から聞いていましたが、何故なのかとかは知らなかったので。


夫に、家族のコミュニケーションが不足していると指摘されましたが、ごもっともですね。


父の病気についてはまだ治療に時間がかかりそうですが。
私がしっかりしてないと駄目なんだろうけれど、夫からの言葉に過剰反応してしまう自分がいます。


介護認定のこととか、私がしっかりして色々父と話をしていかないと駄目だって言われただけなのですが。
そう言われても、ほぼ何も知らない上に、今までろくに父と話をしてなかった私…。
もうそれだけで既にキャパ超え、いっぱいいっぱいな状態になってしまい。


幸い人前では出ませんでしたが、軽くうわあっとなり、自分の頭をボカボカ叩き、「ダメだ」とつぶやきました。
衝動的に髪の毛を切ってしまおうかと思いましたが、何とかとどまりました(良かった)。


こういうのが私の病気の症状なのかな。と、今更ながら思います。
感情的になりやすかったり、同時に色々できないから混乱して心がパニックになったり。


情けないけれど、これも私の一部なんだ。
病気なら、負けるわけにはいきませんね。


夫と私とでは、経験値が違いすぎる。
私は夫に頼り切り。
自分がちっぽけだと感じて、居心地が悪くなって…
それでも、私は私でできることをするしかないんですよね。


すぐ過剰服薬に走ってしまいますが、まさに「悩みを一人で抱えきれないから」なんですね。
どうしたものかなあ。
過剰服薬で気が済むならいいか、と割り切ったけれど、やっぱり眠くなるし…。


母と電話をして、多少は落ち着きましたが。
一人で抱えるのが一番良くないのでしょうからね。


ブログの内容が愚痴のようになってしまいますが、吐き出させて、甘えさせていただくことをお許しください。

実父が入院することになりました。

先ほど、実父が住む埼玉から帰ってきました。
実父の具合が悪いと知人の方から電話があり、夫と車で向かい、病院に行きました。
入院することになり、また改めて面会に行きます。


実母と実妹の方も色々と大変そうなので、これからはこちらでもっと気にかけないといけないかと思います。


実母や実妹の状況をよく知らないで、モヤモヤしているなんて書いたけれど。
でも、もうチイミイのことは責めないで、今できることをしようと思っています。


習慣となっていたブログ訪問をする時間が取れなくて残念ですが、また間を見て伺える時を楽しみにしています。


皆様どうかお身体に気をつけてくださいね。


なにげない日常が幸せ。
また、ブログの書ける日常を願って。

チイミイ 小さな自分

実母と実妹が千葉から岡山に転居して、六年が経ちました。


当時は落ち込み、肩身が狭く、精神障害が悪化するきっかけにもなりました。でも、恨んだりとかそういう気持ちはありません。


私の内側にいる小さな自分(インナーチャイルドと言われるもの?)のことを、仮にチイミイと呼びましょう。


チイミイは、実母にもっとかまって欲しかったのかもしれません。
一つだけこだわり続けて忘れられないのは、私が22歳で長女を出産した時、「子供が子供を産んだみたい」と言われたこと。


言わんとしていることは何となく分かるけれど、やっぱりこれは言うべきでない。
私は、自分の子供には絶対そんなこと言わないと誓いました。
さんざん暴力振るってきた自分が言うのもなんだけれど…。


チイミイは何となくモヤモヤしているようです。
実母が電話で、「何ヶ月に一回か○○ちゃん(実妹)と外で食事をするんだ」と言っていました。
ああそうかい…。
今更私は別にいいよ、とか強がってはみるけれど。
チイミイは本当は寂しいんだと思います。


チイミイは、多分色々と勘違いしていたのかもしれません。
愛されてないとか、自分には価値がないとか。


年齢を重ねても、身体が(横に)大きくなっても、私の中のチイミイは生き続けているのです。
私を守ろうとして、不器用に生き続ける。


泣いているかもしれないチイミイが笑って、
大人になった私とともに力を合わせて歩めるには。


何が悲しかったのか、何を望んでいたのか、
しっかりと聞いてあげる必要があるのかもしれません。


親との関わりが、これほど深く人生に影響するとはねえ。
でも、負けないぞ~!!

三年後、精神疾患が教科書に載るらしい。

認定NPO法人 地域精神保健福祉機構・コンボが発行するメンタルヘルスマガジン『こころの元気+』の2月号が届きました。


うつ病を受け入れるには?という質問コーナーに、次の一文を見つけました。


『先日、新聞で「精神疾患のことが2022年から40年ぶりに教科書に載って学校で教えられる」という記事を見て、すごくびっくりしました。』


2018年10月29日朝日新聞に掲載されたそうです。
それによると、高校の保健体育の教科書に載るとのことでした。


40年振りだったのか…。そういえば学校で習った覚えもない。
でも、今や生涯で5人に1人は精神疾患にかかると言われていて、そのようなメジャーな病気について知っておく必要はあると思います。


海外でもオーストラリア、イギリス、カナダ、アメリカ、台湾などでは授業で行われているそうです。


どんな風に教えられるのかが非常に気になるところですが、それでも一歩前進しようとしていますね。
2022年というと三年後ですね。


そもそも精神疾患じたいがまだ謎な部分も多いのでしょうが…。
ネットでも色々な情報が交錯していますしね。


私自身、病気を受け入れることは、いまだにできているようないないような。
それでも少しずつリカバリーしていると信じて。


almondbanana.hatenablog.com
almondbanana.hatenablog.com

みんな社会に参加している。「べき」を捨て、罪悪感から解放されたい。

昨年だったかと思いますが、ネットで見た記事に「働いていなくても、みんな社会に参加しているんだよ」という内容が書かれていたことを覚えています。


働いていなくても、食べ物や生活用品を購入するという行為が、社会に参加しているということなのです。それを買う人がいなければ、商売が成り立たないわけですから。


最初に読んだ時は、ピンと来ませんでした。
でも今は何となく分かる気がしています。
働くことが出来なくても、消費活動をすることできちんと社会に参加しているんです!
誰の役にも立っていない、なんてことはまずないのです!!


でも、私は専業主婦のままでいていいんだろうか?と思う日もありますけどね…。


社会復帰イコール就職、というイメージになっていますが、それって何だかなあと思います。


先日、「働いていても、働いていなくても罪悪感を感じる女性たち」についての記事を読みました。


https://next.rikunabi.com/journal/20180206_d1/next.rikunabi.com


確かにどちらの立場であっても罪悪感を感じてしまいがちですよね。
この記事で指摘があったように、「女性はこうあるべき」という「べき思考」が自分を苦しめてしまっているのだと思います。


置かれた状況、それぞれの価値観の違いがあるから「こうあるべき」という正解はないのだと思っています。
ただ、後悔しないように自分が本当に望むことはきちんと確認しておきたいです。


罪悪感が心に及ぼす影響については考えたことがありませんでした。
人生を罪悪感に持っていかれるのはちょっと嫌だなあ。開き直りでもいい、罪悪感やめよ?


男性も女性も、それぞれの苦悩があるかと思いますが…。
「自分はこうあるべき」から「自分はこうしたい」に変えていけるといいですよね。

ローカルな話題 千葉のお出かけスポット

昨日は雪が降りましたが、あまり積もらずに済みました。
千葉では滅多に雪は降らず、年に二、三回あれば多い方です。ほとんど降らない年もあります。


千葉のどこが好きか、と聞かれたら間違いなく雪が少ないところですね。
今住んでいる所はスーパーもたくさんあるので便利です。
場所によっては車が必需品という所もありますが。


千葉県に住んでいながら、房総や銚子などにはほとんど行かないです(車で3時間くらいかかるし)。
皆そういうものなんでしょうかね?地元の方が行かないものかな?


今は子連れ外出することはなくなりましたが、昔よく子供と行っていた場所を紹介します。写真とかはないのですが…。


★千葉こどもの国キッズダム★

所在地 千葉県市原市山倉1487

就学前から小学校低学年くらいまでの子供達が遊べる場所がたくさんあります。
屋外だけでなく屋内にも遊び場所があるので、一日楽しめます。


千葉市科学館

所在地 千葉県千葉市中央区4-5-1
    Qiball(きぼーる)内 7階~10階

小学生くらいの子供達が遊べる場所や、ワークショップ、プラネタリウムなどもあります。

3階から5階は子ども交流館になっており、そちらは就学前から遊べる場所が多く用意されています。


千葉市 昭和の森

所在地 千葉県千葉市緑区土気町22

大きな公園で、屋外でくつろぐのにもいい場所です。入場無料で、駐車料金400円のみで一日遊べるので、よく行っていました。
芝生が広いので、外遊びには最適です。
長い滑り台やサイクリングもあります。

スモールステップダイエット宣言(二回目)

スモールステップ。
小さすぎてもいい。
小さな一歩を、少しずつ、少しずつ歩んでいけばいいんだ。
この考え方は、うつからの回復にも、無理のない目標達成などにも良いのではと思います。


スモールステップということで、最近またMAX体重に近づいてきた私は、今日ふと思いました。


ダイエットは短期間で減らし過ぎるとリバウンドもしやすい。
それならば、一ヶ月に1㎏ずつ減量していくのはどうだろうかと。
途中で停滞期には入るけど、時間をかけても少しずつ減量できないかと。


先ほど、長女にも宣言してしまいましたので…。
地道に食事に気をつけて、動ける時は動いてみたいと思います。
(数ヶ月前にもこんな宣言した気がしますが汗)


スモールステップは、挫折のダメージも防いでくれるような気がします。
あまり目標を高くし過ぎると達成できる気がしませんが、まずは確実にできそうなところから一つずつやっていくと、できるかも!という気分に持って行けると思います。


こう書いていても、私自身は運動をなかなか続けられないのですが…。
まずは、ご飯を余分に食べるのを止めよう。